中古車の車検を安くする方法

AD1

中古車無料お探しサービス

⇒まだインターネットに掲載されていない非公開中古車情報から
中古車のプロが無料であなたに代って車探し!

中古車と車検費用

新車の場合、初回の車検は登録から三年後です。
多くの場合は交換部品もなくあまり費用もかかりません。

しかし中古車の場合は高年式でないかぎり、二回目、三回目の車検という事になります。
走行距離によっては交換部品が発生し、車検費用が高くつく傾向にあります。

車検時にかかる費用

法定費用 自賠責保険、自動車重量税など
車検整備費用 24ヶ月点検、検査料など
消耗品交換 部品代、整備費用

法定費用」はどこで受けても同じです。

車検整備費用」は整備工場で決まっています。新車ディーラーは比較的高額です。
民間の車検整備工場と比べると万単位で違って来る事もあります。

消耗品交換」には二通りあります。

  • 交換しないと車検を通らないもの
  • 次回車検までの交換推奨走行距離を迎えると考えられる消耗部品

前者は交換しないと車検は通りませんが、後者は交換しなくても車検は通ります。
ご自身で走行距離を管理してメンテナンスをするという選択肢もあります。

車検時に消耗品を一緒に交換するべきか?

どうせ交換する必要があるなら、車検時に一緒にしてもらった方が安くつくのでは?

多くの人はこう考えて、車検時に推奨部品の交換を選択しますが、実際には車検時に交換しても、交換のための整備費用は計上されています。言い換えるといつ交換しても大差はありません。

車検時に交換するメリットは整備が一回で済むという事です。
あえてデメリットとするなら、急いで交換しなくてもいい部品まで交換し出費が一時期になると言えます。(余裕を持って交換する事は決して悪い事ではありません)

改めて整備をする選択をする場合、改めて修理に持ち込むなど手間がかかりますが費用を分散させられる事がメリットです。

また現在の消耗部品を寿命まで使い切る事で長い目でみるとお財布に優しいとも言えます。

交換部品によっては車検時に交換した方が整備費用を節約出来る場合もあります。
車検見積をもらったら、「今回の車検時に交換が必要か」「改めて交換する場合の工賃の差額」など確認して総合的に判断するのがおススメです。

関連記事:中古車ライフ 車検は複数見積を取りましょう

関連記事:中古車の車検 下回りの塗装は必要?

関連記事:中古車の車検 ディスク研磨を勧められたら

AD2

公開前に探すから掘り出しものが見つかる!

中古車無料お探しサービス

中古車お探しサービス

本当に美味しい中古車は中古車サイトに載る前に売れてしまいます。

「中古車無料お探しサービス」は中古車情報サイトに載る前の非公開車両から中古車のプロが無料であなたに代って車を探すサービスです。

  • 年間60万台の非公開車両からご提案
  • 気に入らなければ断ってもOK
  • 試乗車や未使用車もリクエスト可能
  • 修復歴車無し
  • 最長10年保証付き
  • 返品もOK!

中古車無料お探しサービス

中古車は値引きがない!ならば今の車を高く売ろう!

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

中古車は基本値引きがありません。少しでも安く手に入れるコツは今乗っている車を高く売る事です。

複数の中古車買取業者から査定を受けて一番高く買取ってくれる業者に売る事がコツです!

  • 下取りより平均17万円も得!
  • 45秒で実績に基づく概算価格が解る
  • 最大10社に査定依頼、出張査定は無料
  • 低年式車、多走車、修復歴車でもOK!
  • 査定に納得いかなければ売らなくてもOK!

かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です